皆様もご存知のように、カナダは英語とフランス語という、2つの公用語を持つ国として有名です。

また、カナダは移民によって出来た国である為、国民はアジア・ヨーロッパ・中南米・中東など様々なルーツを持ちます。近年、特に中国からの移民の増加に伴い、北京語を学ぶ人も増えてきました。
この様な状況の中で、3つ目の言語として「日本語」を学ぶ人はそれほど多くないのが現状です。

小学校で日本語の授業を持つ学校は非常に稀ですし、中・高等学校で日本語を教えている学校もほんの一部にすぎません。

ですから、ほとんどの参加者の方が、日本語授業のない学校へ派遣され、日本文化を中心に教えて頂く事になります。

今回は、ノバスコシア州の日本語授業のない小学校に派遣のAさんについてご紹介致します。

Aさんは中高等学校の教師免状をお持ちで、書道や茶道が趣味のハツラツとした女性です。
学校での活動内容は、週に2〜3回ほど、日本文化に関する授業を行っています。

空き時間には、図書館や職員室で授業準備を行ったり、英語で行われる通常の授業アシスタントをしていらっしゃいます。そして、昼休みはJAPAN CLUBを開き、折り紙を教えています。

また、ご自分の活動経歴や日本文化に関する特技を紹介したコーナーを職員室に設け、積極的に先生方に話し掛け、日本やアジアに関する授業をする際は声をかけて頂く様、ご自分をアピールする努力も惜しみません。

Aさんはレポートで以下のように報告されています。

「生徒は、折り紙・習字・相撲・日本食に関する授業に大変興味を示します。例えば相撲の授業では、まずビデオを見せ、簡単な説明をした後、紙相撲を行いました。紙相撲では折り紙も取り入れたため、文化紹介と折り紙が一度に出来、生徒は大変満足していたようです。トラブルと言えば、高学年になるほど手先の器用な生徒が多くなり、簡単な折り紙ではすぐに飽きてしまう事です。中には私でさえ作れない作品を作って見せに来る生徒もおり、簡単すぎない作品選びを心掛けたいと思いました。」

日本語教師アシスタントをするにあたり、Aさんも笑顔やあいさつ、そして積極性が何よりも大切だとおっしゃっていました。

→[ カナダで受講できる日本語教師養成講座の資料請求・お問合せ]

→[ カナダの日本語教師記事一覧 ]