みなさん、メリークリスマス!いかがお過ごしですか?

さて、昨日の続き、カナダの日本語教育について書きますね。

カナダで日本語クラスがあるのは、セカンダリースクール(中学・高校)ですが、そのコースの内容について簡単にお話したいと思います。コースはJapanese 9、Japanese 10、Introductory Japanese 11、Japanese 11、Japanese 12の5つがあり、段階的に日本語を学べるようになっています。

Japanese 9は、日本語と日本文化の入門コースです。このコースのゴールは、日本語を話す・聞く・書く・読むことに慣れることで、日常の場面において初歩的な日本語でのコミュニケーションができるようになることです。コースの終わりには、全てのひらがなとある程度のカタカナの読み書きが流暢にできるようになることを目指します。日常の場面の例として、挨拶、自己紹介、学校、一日の活動、食べ物、電話などです。(つづく)