(前日から続く)

カナダで日本語クラスがあるのは、セカンダリースクール(中学・高校)ですが、そのコースの内容について簡単にお話したいと思います。コースはJapanese 9、Japanese 10、Introductory Japanese 11、Japanese 11、Japanese 12の5つがあり、段階的に日本語を学べるようになっています。

Japanese 11は、これまで学んだことをベースに語彙や表現を増やし、さらに複雑な文章の構成が作れるようにします。

またさらに漢字を学びます。勉強する場面例として、学校、家族、日課、趣味、約束をする、旅行をする、食事をする、アルバイト、電話などです。