トロント国際映画祭でボランティアとして活躍あさって土曜日は14:00から東京オフィスにて日本語教師海外派遣プログラムの説明会を開きます。よろしかったらどうぞ。

大阪は、来週の26日(土)、17:00から梅田で開催します。

さて、カナダのビザも無事認可され、もうすぐご出発のカナダの日本語教師アシスタント・ボランティアのみなさんがカナダに到着するちょうどその頃、9月7日〜16日までカナダ・トロントにて「トロント国際映画祭2006(Toronto International Film Festival)」が開催されます。毎年一回この時期に開催される、北米では最大の映画祭です。
■トロント国際映画祭 (Toronto International Film Festival)
http://www.tiffg.ca/

アメリカの隣国とあって、いろんなハリウッドスターが会場に訪れ、ハリウッド映画はさることながら、日本人にはいま一つイメージがわかないカナダ映画などもクローズアップして上映されます。

それに先んじて、7月28日〜8月17日まで、Summer Samuraiと称して、日本のサムライ映画などのキャンペーンもやっていました。

■Summer Samurai キャンペーン
http://www.e.bell.ca/filmfest/cinematheque/programmes_description.asp?progID=14&subProgID=282&subFlag=1

映画祭では、カンヌ映画祭で監督賞を受賞したブラッド・ピット主演や役所広司出演の『バベル(Babel)』も上映されるようです。

カナダの日本語教師アシスタント・ボランティアのみなさん、特にトロントがあるオンタリオ州地域のみなさん、こういった現地のイベントにぜひ、参加してみてください。国際色あふれる都会・トロントを満喫できることでしょう。

ちなみに世界の映画祭は実はボランティアスタッフによって支えられている部分が大きいです。毎年、日本人のボランティアスタッフもこのトロント国際映画祭では募集してますので、ワーキングホリデーなどでトロントやナイアガラ、オタワなどに滞在されてる方などは応募して参加してみるのもお勧めです。

→[ バンクーバー国際映画祭 ]

→[ カナダが舞台の映画「大いなる休暇」 ]