日本語教師の適正・適性検査日本語教師の適性ってどんなものでしょうか。

私、日本語教師になれるでしょうか?

これまで人に接するような仕事をまったく経験されてない方が、突然、日本語教師をめざし、たまにこのようなお問合せをいただいたりします。

商売的には、「いやぁ〜、全然大丈夫ですよぉ、絶対なれますよぉ〜」と言って勧誘するのが常なのかもしれませんが、正直、弊社ではちょっと慎重です。
こういった方は、まずはお問合せか選考の段階で、今一度熟考していただくか、英語力があって、どうしてもという方には、とりあえず日本語教師アシスタントとして短期でもよいので海外の教育現場を見ていただくようにお勧めしています。

人に接する経験が希薄な方は、やはり実際に現場に立つと、<撃沈>されてしまう方が多いです。英語力うんぬんの前に、ご自身が思い描いていた「日本語教師」と、実際の教育現場があまりにかけ離れているためです。

<短期>の参加であれば、まだショックは最小限に食い止めることはできます。

日本語教師を目指す人の中には、実践を伴わず、文法的なテクニックだけに魅せられている方や、日本の高等教育のように、静かな教室で、生徒はみんな従順で、先生の言うことを一言漏らさず聞く、といった環境を思い描いていらっしゃる方もいます。

ところがどっこ い 。

忍耐の教育を施されている従順で協調性がある(受身な)日本人と違って、日本語を学ぼうとする生徒、つまり日本語を母語としない海外の人たちは、日本人よりも集中力が持続しない人がむしろ多いのです。(もちろんみんながみんなそうではありませんが...)

例えば、欧米圏の小学校などでは、回答できた生徒に授業中にご褒美としてアメ玉などをあげるのは日常茶飯事。

叱る教育の日本に対して、海外ではほめて伸ばす教育が中心。ほめると個性は伸びますが、逆にプレッシャーに弱く、少しでも面白くなかったりすると集中力はプツッと切れてしまったりします。

そんな自由奔放で、自己主張の強い生徒が多いわけなので、当然のことながら日本語教師の役割は、日本語の文法を教えることも重要ですが、と同時に「生徒の日本への関心」「日本語学習への意欲を持続させること」が同じくらい重要になってきます。

そこで大切なのが、おもしろおかしく興味深い授業を展開できるコミュニケーション能力。人が人に接する仕事ですから、やはり最終的にはコミュニケーション力、つまり社交性が最重要になってきます。

そして、日本語を学ぼうとする生徒たちのバックグラウンド(生徒が住んでいた国の文化など)も身をもって知っておかなければなりません。ですので、日本語教師のテクニックの前に、いろいろな国での長期海外生活経験もあったほうが生徒への説得力も増すことでしょう。

そこで、やはりこれまで人に接する仕事や海外生活を経験してなかった人にはちょっと難しい職になるかもしれません(でも日本語教師養成講座等に通えば、いわゆる「資格」は取れます)。

何はともあれ、日本語を教えようとする生徒のバックグラウンドを教師が知っておくのはとても良いことです。日本語教師ボランティア・として「お試し」期間を設けることで、ご自身の日本語教師への適性も分かるでしょうし、世界の中での日本語や日本人が占める“小ささ”も実感することでしょう。

本気で日本語教師の道を爆走する前に、一度、日本語教師アシスタント・ボランティアとしてでもよいので、<現場>をご自身の目で見て、体験されることをまずはお勧めいたします。