ユニクロNY先週末土曜日の11/10、カジュアルブランドのユニクロのアメリカ・ニューヨーク店がSOHOにオープンしました。

■ユニクロ SOHO NY
http://www.uniqlo.com/us/

ユニクロの服やリュックサックは、私が海外を旅する時に随分お世話になりました。

特に2001年頃に買ったリュックサックは、カナダとアメリカ全土を旅した時、肌身離さず持ち歩いていた大切なパートナー。

ロッキー山脈を自転車で縦断した時も、グランドキャニオンを谷底まで降りて一泊した時も、タフな環境の中でビクともせず、今も現役。
たった3000円くらいなのに、頑丈で機能的なその作りは、本当に世界に誇れる日本のブランドだと感じました。

ユニクロ製品は、スポーツをベースに機能的に作られていて、軽く、そして安い。シンプルなデザインが多いので、海外の風景にも自然と溶け込み、ブランド物で着飾り、ファッション的に浮きがちな日本人の安全面から考えてもお勧めのファッションのような気がします。

海外でも、例えばカナダのROOTSなど、似たカジュアルブランドはたくさんありますが、着てみると重くゴワゴワして着づらかったりします。

■カナダのROOTS http://www.roots.com/

海外出発前には、「どんな服もって行こう?」「お土産などは何を買っていこう?」といろいろと悩んでしまうかと思いますが、アドバイスするとすれば「お金をかけないこと」。

お土産などは100円ショップ、服はユニクロ・・・etc.それで十分です。

外から見ると、日本には世界に誇れるすばらしいものがたくさんあることに気づきます。

2001年9月のユニクロのロンドン進出は失敗気味でしたが、アメリカではがんばってほしいものです。

アメリカ・ニューヨークで受講できる日本語教師養成講座は、アメリカにいながら文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」のシラバスに則した「420時間」の日本語教師養成講座。ニューヨークにお住まいの方からもたくさんの受講生が誕生しています。