アメリカ日本語教師求人募集アメリカ在住の日本人の子どもを中心に、インターネットを利用したテレビ電話で日本語および国語を教えています。読み書きを中心とした国語を指導してあげてください。いずれ外国人向けの日本語指導も開始予定です。日本語講師と教室長候補、2職種の募集です。

【募集職種1】日本語講師
【待遇/給与】1コマ50分/1000円、1コマ80分/1600円
【指導時間】9:00〜14:30くらいの中で応相談。
【応募資格】短大卒以上。日本語主副専攻修了、日本語教育能力検定合格、日本語教師養成420時間修了、いずれかの方歓迎。
※教務未経験者応募可。パソコンの基本操作ができる方。
【募集職種2】教室長候補(常勤)
【待遇/給与】時給1000円以上(9:00-14: 00、週3日くらいから応相談)、(14:00〜22:00までの関係会社での副教室長候補職も同時募集しています。通常の学習塾でのお仕事。時間、曜日など希望相談応じます。)
【職務内容】教室での講師の研修、管理、生徒の管理など
【応募資格】(業界は問わず)なんらかの管理業務経験または事務職、営業職経験のある方を歓迎します。

※こちらの求人は応募受付を終了しました。最新の求人情報またはその他の求人はこちらの日本語教師の求人情報等をご参照ください。
→その他関連:[ 自宅で日本語を教える「オンライン日本語教師」求人 ]

・・・

Q. 以前、日本語教育能力検定試験は合格したものの、ブランクがあることと試験合格だけでは不安なため、具体的な日本語の教え方を学べる実践的な日本語教師養成講座を探しています。ただ、今、アメリカに住んでいるため、こちらには日本語教師養成講座のようなものがほとんどありませんので困っています。インターネットなどオンラインで受講できる日本語教員の育成講座のようなものはないでしょうか?

A. はい、こちらの「インターネットで受講できる日本語教師養成420時間の通信講座」であれば、アメリカからも受講できます。
文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」のシラバスに基づいた「420時間」の日本語教師資格を修了する講座です。直接法に加え、日本でも珍しい、アメリカでも即効性のある英語で日本語を教える間接法も習得できますので、講座を受講する傍からアメリカの人々に日本語を教えられるようになることでしょう。ご参考にしていただければ幸いです。

→その他参考:[ アメリカの記事一覧 ]