人気の日本語教師の求人情報の、年間ランキング(2015年1月〜12月)を、アクセスが多い順に発表します。(ランキング内の表記は求人ページの記事タイトルです。)

まず、日本語教師を含めた教職全体のランキング・ トップ10は以下の通り。

1位.ドイツ・ハンブルグの日本人学校で教員2名
2位.アメリカ NY・ブルックリンの学園でクラス担任1名
3位.スカイプで教える日本語教師30名
4位.オーストラリア・パースの教室で教員求人
5位.アメリカ・ロサンゼルスの幼稚園で2名
6位.アメリカ・アトランタの国際学校で教員1名
7位.アメリカ・ニューヨークでクラス担任1名
8位.外資系企業でビジネスマンに教える日本語教師
9位.アメリカ・オハイオの学園で語学教員1名
10位.在宅オンライン 日本語教師 2名

ちなみに、11位〜20位は以下の通り。

11位.ポーランドで日本語教師7名:未経験者可
12位.アメリカ・カリフォルニアで幼稚園教諭・アシスタント2-3名
13位.スカイプで教える日本語教師10名
14位.イギリス・ロンドンで幼稚園教師4名募集
15位.デンマークの日本語補習学校で教員
16位.ニュージーランドで日本語教師・塾講師1名
17位.アメリカ・サンフランシスコの日本語教室で1名
18位.アメリカ・NYの日本人学校で教師1名
19位.ドイツ・ミュンヘンで幼稚園教諭・保育士
20位.フランス・パリで日本語教師(有給)募集

どのランキングでも、みなさん、欧米圏で働きたい、欧米人に教えたい、または、在宅勤務で働きたい、という本音が見て取れます。

求人自体はアジア圏が多く、欧米圏での日本語教師の需要は非常に少ない(皆無に等しい)のですが、アクセスは欧米圏の求人または欧米人に教えたり、インターネットで教えるオンラインの求人に集中していることが露骨に表れています。このように、需要と供給にミスマッチがあるのが現実です。

上記から日本語教師の求人だけを抽出したランキングは以下の通り。

1位.スカイプで教える日本語教師30名
2位.外資系企業でビジネスマンに教える日本語教師
3位.在宅オンライン 日本語教師 2名
4位.ポーランドで日本語教師7名:未経験者可
5位.スカイプで教える日本語教師10名
6位.ニュージーランドで日本語教師・塾講師1名
7位.フランス・パリで日本語教師(有給)募集
8位.ベトナムで日本語教師4名求人:未経験者可
9位.ニュージーランドの大学で日本語教師1名
10位.中国で日本語教師求人:全土各地

ようやく上記にベトナムや中国などのアジア圏の日本語教師の求人がランクインしてきますが、圧倒的に欧米圏や欧米人に教えたい、と考えている求職者が多いことがわかります。
11位〜20位は以下の通り。

11位.プライベートレッスン日本語教師の求人:登録制
12位.メキシコで日本語教師(常勤)4名求人
13位.東京・港区で日本語教師3名求人
14位.ニュージーランドの大学で日本語教師インターン1名
15位.東京・新宿で日本語教師2名求人:未経験者可
16位.韓国にて在宅勤務:オンライン日本語教師 求人
17位.東京・赤坂・六本木で日本語教師求人:未経験者可
18位.シンガポールで日本語の先生1名求人:未経験者可
19位.アメリカNJの大学で日本語教師1名求人
20位.ベトナム・ハノイで日本語教師2名求人:未経験者可

以前、10年前などは、日本語教師の求人といえば、中国と韓国だらけでしたが、ここ数年はベトナムでの求人が以前の中国並の勢いで増えています。時期によっては、ベトナムの求人だらけの時もあります。

その背景にあるのは、中国の人件費高騰により、日本の企業がベトナムなどへ工場や支社を移転させたことで、ベトナムと日本との関わりが増え、日本語の需要が増加、そして日本語教師の需要が増加したことが一因として挙げられます。

2016年も、日本語教師の需要が高い国、一番、日本語教師の需要が伸びている国は、ベトナムと言えるでしょう。

上記の求人の詳細は、こちらの日本語教師の求人ページなどからご確認いただけます。