日本語教師などの就職活動で、採用者とメールでやりとるすることは多いと思いますが、その際に、不利なメアド(メールアドレス)があるようです。

Email 不利なメアドとは、まず、Eメールが届かないメール。

せっかく履歴書を送り、採用側には届き、一時書類審査を通過したものの、いざ採用側が面接等二次審査の連絡を取ろうとしたら、応募者に連絡が取れない・・・そんなケースがかなり多くあるようです。

特に海外の募集機関とやりとりする場合は、メールが届かず、連絡不通になる確率が高くなります。

 避けるべきEメールアドレスは

一番、届かない確率が高くなるのが、携帯電話のアドレスです。

例えば、
****@docomo.ne.jp
****@ezweb.ne.jp
といったEメールアドレス。

そのため、募集機関では、わざわざ求人情報の連絡先のところに、

E-mailアドレスは、携帯のアドレスではないものをご使用下さい。
(例 ****@docomo.ne.jp / ****@ezweb.ne.jp 等は受付出来かねます。)

といった注意書きを記載しているところもあります。

スマホでしかインターネットを見ない人などは、携帯電話のメアドしか使ったことがないことが多く、知らず知らずのうちに、就職活動で不利な状況になってしまっているようです。

特にPCに明るくないご年配や学生の日本語教師の求職者や、幼稚園教諭・保育士の求職者に、携帯のメアド利用者が多いように見受けられます。

Eメールを送信した採用側のほうにエラーメッセージが届けばまだいいのですが、エラーメッセージさえ届かないことも多く、採用側は返信を送ったつもりでも、応募者には届いておらず、結果、(連絡がつかなかったので)不採用となってしまうケースもあります。

 予防策

予防策としては、連絡先として、必ず2つ以上の複数のメールアドレスを記載し、採用に関する連絡は2つ以上のメールに送信してもらうよう、履歴書やカバーレターにてお願いすることです。

2つ以上のメールアドレスは、できれば、

@gmail.com
@yahoo.co.jp
@hotmail.com

などのGmai、ヤフーメールなどの一般的なフリーメールを使い分けることが望ましいです。

いずれも無料で利用できるので、アカウントを持っていない人は、就活の時だけでも新たにフリーメールのアドレスを作っておいたほうがよいでしょう。

これらフリーメールも、常に100%確実に届く、というわけではありませんが、連絡先のメアドが1つよりも2つのほうが、より届く可能性が上がる、という確率(リスクの軽減)の問題です。

 長いメアドも避けるべし

その他よくある例としては、やたら長い文字列のEメールアドレスを作ってしまって、間違った文字列のEメールアドレスを知らせてしまう、というものです。 Eメールアドレスは、長くなればなるほど間違う可能性が高くなりますし、やたら長い文字列は、相手も変な心象を受けかねないので、なるべく簡潔な文字列でEメールアドレスを作ることをお勧めいたします。